「父と暮せば」一人語り

2018年01月26日

per il mondo公演
「父と暮せば」(作 井上ひさし)一人語り

【期間】
2018年3月10日(土)~11日(日)

【場所】
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
※「きっささかいき」と読みます。
新宿区大京町2-4サウンドビル1F
(東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」)
http://gekkasha.modalbeats.com/
※各回20席程
玄関で靴を脱いでお入り頂きます。

【日程】
3月
10日(土) 15:00 / 19:00
11日(日) 14:00 / 18:00
計4公演
開場は開演の30分前
上演時間90分

【チケット】
2,000円(飲み物1つご注文頂けます。)

【出演】 桝谷裕

【受付】 山崎和香奈

【御予約】
※いずれもチケットは当日受付にお客様の御名前で御用意します。 
①Web予約フォーム(予約管理システム「シバイエンジン」)
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=96abdf5b9e

②per il mondo公演専用携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511

【お問合せ】 per il mondo公演専用携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511

【当日の予約・お問い合わせ】 per il mondo公演専用携帯(当日は受付につながります。)
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511

2年半ぶり「父と暮せば」一人語りです。
以前より喫茶茶会記での上演を懇望しており漸く整いました。
にじり口から茶室に入るような雰囲気のお店。喫茶室を通って次の間の会場へ。開演まで喫茶室で飲み物をいただきながら、店内に置かれた小物を眺めたり、カウンターに置かれた本をめくるのもまたゆたかな時間。
サロンに並べられた様々な椅子に腰掛けて語りに耳を傾けていると、ヨーロッパのサロンに集う文人になったかのよう。
是非足をお運びください。

残念ながらというべきか、いつも、いつまでも現代的な作品で在り続ける「父と暮せば」。小さなさざ波かもしれませんが、時代に馴れず、自分の忘れやすさを戒めて、繰り返し思い起こす公演です。


スポンサーサイト
「父と暮せば」一人語り2018.3月 | Trackback(0)