FC2ブログ

公演のお知らせ

2017年09月03日
暫くぶりの更新です。

いろいろあって、ブログへの入り方が分からなくなっていました。
少し落ちついてきたので、改めてページに入れました。

さて、早速ですが公演の御案内です。
まずは二つ。(11月末~12月初め、12月下旬にも公演があります!)

2017sep「手紙」チラシ表CCF20170903_000022017sep「手紙」チラシ裏50CCF20170903_00002


9月8日(金)~10日(日)
TBスタジオクラブ40回記念公演
「手紙」
【作・演出】 得丸伸二

【日程】★トリプルキャストです。
9月
8日(金)15:00(大林・桝谷)/19:00(西見・堀)
9日(土)14:00(大林・桝谷)/16:00(河野・鯨井)
10日(日)14:00(河野・鯨井)/16:00(西見・堀)
※上演時間1時間45分弱
◎開演時刻・出演者に御注意ください。

☆桝谷の出演は8日(金)15:00と9日(土)14:00の2回です。
【場所】
TBスタジオ(主宰の得丸氏の劇場です!)
東京メトロ南北線「志茂駅」下車徒歩4分
JR「赤羽駅」下車徒歩15分

【出演】
大林弘子、西見佳代、堀健一郎、河野敦子、鯨井和幸、桝谷裕
【チケット】
2,500円(当日・前売共)全席自由席(ご観劇日をお決め下さい。)
《作品について》
広島の小学校の同級生、和江と昭夫。先生の指示で始まった交換日記。やがて転校で離ればなれとなりますが、文通となって二人の交流は生涯続きます。戦後の日本、それぞれの道を歩いた二人の人生は、時にはなれ、時にもつれる二本の糸。
それぞれの手紙を読むリーディングです。全編にわたり時代を象徴する台詞がちりばめられています。
90分で振り返る「現代用語の基礎知識」!
そして、シーンとシーンの間で、昭和のヒット曲に乗せて時代の映像が流れます。
「映像の世紀 戦後日本編!」
お客様それぞれの思いとともに御覧頂けたら幸いです。
主宰の得丸氏苦心の作、映像、選曲です!
お時間ございましたらお越し下さい。

【御予約お申し込み】
予約システムシバイエンジンの予約フォームです。こちらから御予約ください。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=4324dc5763
予約フォームの「扱い者」欄で、「桝谷裕」を選んで頂けますと桝谷の扱いとなります。

もう一つ来月の公演です。
2017oct「枯レヌ野ノ花」チラシ表50CCF20170903_000022017oct「枯レヌ野ノ花」チラシ裏CCF20170903_00003

10月6日(金)~8日(日)
演劇企画『円端』produce
「枯レヌ野ノ花」

【日程】
10月
6日(金)19:00
7日(土)14:30/18:30
8日(日)14:30
開場は開演の30分前

【場所】
ザムザ阿佐ヶ谷
JR中央線「阿佐ヶ谷駅」北口下車徒歩3分

【出演者】
日野加奈愛、清永大心、黒崎照、高橋輝亘、四條哲久、木下采音、長谷川麻由美、長瀬充男、恩田匠、端本宇良、洗史、おかい鈴

【チケット】
前売り3,000/当日3,500円

《作品について》
第二次世界大戦中の上野動物園。入場者が減り、対策に頭を悩ませる職員たち。そこで動物たちにレビューさながらに音楽に合わせて歌ったり、踊ったりさせることを思いつきます。練習が始まり、動物園に活気が溢れます。一方、園長には東京都からの指示が重くのしかかります。空襲にそなえ猛獣たちをどうするか。
象やライオン、動物たちも出演者が演じます。ああ、動物たちはきっとこんなことを思っていたんだろうな、喋りたかったんだろうな。
私は園長役です。

俳優座出身の主宰、青年座座員、大きなスポーツイベントのオープニングで歌を歌うミュージシャン、多士済々の顔ぶれが純粋に作品と向き合います。

【御予約お申し込み・お問い合わせ】
円端(mappa)
engekikikaku.mappa@gmail.com
ホームページ
http://www.engekikikakumappa.com/top.html





スポンサーサイト
「手紙」 | Trackback(0)