お巡りさんと外国の人

2017年06月19日
夜帰宅時23:00頃、最寄りの駅の改札を出たところで
お巡りさんの二人組が、
小柄な東南アジア系と思われる男性に身分証明書らしきものの提示させていた。
初めて見る光景。
懸命に愛想笑いを浮かべて対応した男性は身分証明書(外国人登録証でしょうか)を返して貰うと、自動改札でひっかかってしまった。
可哀想に、緊張して動きがぎこちなく見えた。

帽子の鍔に手を添えて頭を下げてはいたものの、大柄の警官二人はなんとも威圧的、威嚇的に見えた。
「見ているぞ」とでも言うように。
なんともいやな気分になった。

駅から自宅までの途中でも、日本に住んでいると思われる外国人の女性に話を聞いているお巡りさんの姿があった。
なにか事件があったのかなかったのか。

日本に暮らす外国人への牽制、圧力に感じてしまった。
なんだか暗く重い気持。
スポンサーサイト
日記 | Trackback(0)