マルメロ 初日まで六日

2016年11月18日
2016nov17マルメロK0120235
マルメロが届きました!
早速稽古で使いました。
通し稽古、リカ役の古木杏子さんがマルメロを袋から取り出すシーンで、甘い香りが広がり、出演者の顔が輝きました。
心なしか、台詞の声がうわずったように聞こえました。

小道具が揃いつつあります。
「私のかわいそうなマラート」初日まであと6日です。

【期間】
2016年
11月 23日(水・祝)~27日(日)

【作品】
「私のかわいそうなマラート」
作/アレクセイ・アルブーゾフ
訳/泉三太郎

per il mondo公演

【場所】
SPACE 梟門(きょうもん)

都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」C5出口目の前。
JR「新宿駅」 東口より徒歩10分
http://www.zatsuyu.com/about.html#about02
(SPACE 雑遊の2Fです)

【日程】
2016年 11月
23日(水・祝)18:00※初日は開演時刻が30分早くなっておりますので、ご注意ください。
24日(木)18:30
25日(金)13:30/18:30
26日(土)13:30/18:30
27日(日)13:30

開場は開演の30分前
受付開始は開演の40分前
上演時間は休憩含め2時間30分程。
50席程度

【出演】
今井典和
古木杏子(劇団キンダースペース)
高田賢一(Théâtre MUIBO)

【チケット】
(前売り・当日共)
一般3,300円
学生2,800円

2010年に座・高円寺2で上演し、2013年に新宿のインド料理レストランでリーディング上演した作品を、今年1月にオープンしたSPACE 梟門で上演いたします。客席が50席程の会場は、そのままレニングラード(現サンクトペテルブルク)のアパートの一室のようです。部屋に居合わせるかのように三人の登場人物を見つめる舞台になればと思っております。

第二次世界大戦下、ドイツ軍に包囲されたレニングラード。アパートの一室で出会った一人の少女と二人の少年。

三年に渡る封鎖、冬の記録的寒さ。60万人以上が餓死。砲撃による死者も加え、レニングラード一都市で100万人以上が犠牲になったレニングラード包囲戦。

戦争を生き延びた三人。歳を重ね、友情と反目が絡みあい、自分を扱いかね、時が深く重く積み重なります。

今回、私は演出のみです、出演しません。(ハラハラせずに御覧いただけます。)


【舞台監督】
大地洋一

【照明】
千田実(CHIDA OFFICE)

【音響】
竹下好幸

【受付】
山崎和香奈

【宣伝美術】
川谷成美

【演出】
桝谷裕

【協力】
池林房・太田篤哉、CHIDA OFFICE、劇団キンダースペース、Théâtre MUIBO、スターダス・21、シバイエンジン

【企画】
per il mondo

【予約方法】
○予約webフォーム(シバイエンジン)
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=09cbdc2aa3

★各出演者扱いの予約webフォームも御用意しています。↓
〈各出演者の扱い〉で御予約頂けます。出演者にお知り合いがありましたら、是非こちらから出演者扱いで御予約ください。
(per il mondo宛てにお申し込みの際、お伝え頂いても出演者扱いになります。)

〈今井典和〉扱い
http://481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=&s=2nkfom4z4v9f1pvj&
〈古木杏子〉扱い
http://481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=&s=11yadrvm29gtngbf&
〈高田賢一〉扱い
http://481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=&s=p9xcz4e9dzf8ilmn&

○per il mondo携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511

○もちろん、Facebookのメッセージで桝谷に直接お申し込みいただいても結構です。
①御名前
②御希望の日時
③枚数(学生割引御希望の場合はその旨お書き添えください。)
④御連絡先

をお知らせください。

《新宿駅から「SPACE 梟門」までの行き方》
「新宿駅」東口下車。
「スタジオALTA」の前「新宿通り」を四谷方向へ進む。
「紀伊國屋書店」を過ぎ、
「伊勢丹」を過ぎ、
「新宿三丁目交差点」を過ぎ、

『新宿二丁目』の交差点、「りそな銀行」(「世界堂」の向かい。)を左折。
しばらく進み左手。
地下鉄「新宿三丁目駅」C5出口のすぐ脇。
2階が「SPACE 梟門」です。
(地下はSPACE 雑遊。同じビルに同じ経営の会場が二つあります。お気をつけください。)
スポンサーサイト
「私のかわいそうなマラート」2016年11月 | Trackback(0)