椅子、机、稽古場搬入

2016年11月12日

今日は、稽古お休みだったので、その時間を利用して
自宅から道具類を稽古場へ搬入しました。

90㎝四方のダイニングテーブル、
セットのダイニングチェア4脚
アンティークの椅子1脚
180四方のカーペット
などなど

ほとんどは、2010年に「私のかわいそうなマラート」を座・高円寺2で上演したときに購入しました。
再演する日のために七畳のアパートで出番を待つこと6年。とうとうそのときが来ました!

アンティークの椅子は、前回御覧になったお客様が、こういう椅子の方がいいのではありませんかと、アドバイスを添えて譲ってくださいました。
19世紀のものだと思いますよとおっしゃり、宅配で送ってくださいました。6年、いえいえ百年の時を経て舞台へ!?

すこーし部屋が広くなり、
自分の机までまっすぐたどり着けるようになりました。

それなのに、まだ私の部屋には椅子が、
1脚(座面が上下する)、2脚(丸いす。高いところのものをとるのに最適。)、3脚(学生の頃に購入したニーチェア。広げる場所がない。)、4脚(学校用スチール椅子。お盆が載っています。)、5脚(舞台で譲り受けた缶の椅子。なかなか使いやすい。)6脚(昨年購入したソファ。夜はもっぱらこれ。)…。あ、7脚(中華料理店が閉まるときに100円で購入した籐の雰囲気の椅子。朗読の小道具に。)…。…。
これまで10脚以上あったということです。
7畳のアパートに椅子が12脚。

さてさて、アンティークの椅子、
どんな椅子か御覧になりにいらしてくださいませ。
スポンサーサイト
「私のかわいそうなマラート」2016年11月 | Trackback(0)