2016年06月10日
近所で、奥様方に人気のあったレストランが引っ越して、次のお店が工事中なのですが、
今日、まだまだ材木がむきだしの店内に、お化粧に使うコンパクトの大親分みたいな形の新しい竈。

暖炉のようにめらめらと揺れる炎が通りからも見えます。
それをTシャツにジーンズの作業着姿の若い店長らしき人物が、まるで陶芸家のように、じっと見つめていました。
ピザ屋でしょうか。それともナンの竈でしょうか。
開店が楽しみです。
スポンサーサイト
日記 | Trackback(0)