FC2ブログ

ウオーキングシューズがもらわれていきました

2019年05月27日
靴が無事引き取られていきました。

昨年の10月に、大枚叩いて念願のウオーキングシューズを購入しました。
ゴアテックス使用の完全防水。
これで長靴入らず、雨の日でもぐんぐん歩けると胸を弾ませましたが、

歩き出すと、丈夫そうなファスナーの少し大きめの金具が甲の骨にあたります。お店で試し履きしたときには気にならなかったのですが、10分も歩くと痛みだして、ファスナーを全開に。
靴下をめくるとうっすら赤くなっておりました。

購入に当たってはお店と少々経緯があり、とても真摯に対応してくださったので、状況だけ報告し、ウオーキングシューズはその後出番なく、家で眠っておりました。

このまま処分するには私にとってはいい品物、
そこで、
昨日、真夏日の日曜日、家(アパート)の前に

「差し上げます」

と張り紙をして、シューズメーカーの箱にいれて置いてみました。

夕方出かける時にはまだありました。
やはり怪しすぎます。今朝まだあったら一度引っ込めようと覗いたら、

なんと、姿がなくなっているではありませんか!
どなたかご近所の方がお持ちになってくださった!
(どうか邪魔だからと捨てられたのではありませんように)
ああ、よかった、次の引き取り手が現れた。
そのご家族のどなたかの足に合いますように!

ところで、
ウオーキングシューズは高齢者が脱ぎ履きしやすいようにファスナーがついている製品が多いです。
しかし今回履いてみて、足を入れてからファスナーを閉めるのには結構指先の力が要ることがわかりました。
締められないお年寄りも多いのではないかしら。ファスナーが便利というメーカーの思い込みに感じられます。ファスナー周りの細かい縫製に問題も起こりやすい。
ファスナーをつけずに、紐をゴムにするなど、シューレースを工夫した方がよほど使いやすいのでないかと感じた次第。
スポンサーサイト



日記 | Trackback(0)
 | HOME | Next »