FC2ブログ

華氏451

2018年07月12日
「華氏451」(DVD)を観ました。
小学生か中学生の頃、昼間の映画(多分東京12チャンネル)で観た記憶があります。なぜか忘れられない映画の一つでした。

改めて観ると、人間が森の上空を飛んでくる印象に残っていた場面は、映画の本当に最後の方、主人公が当局に追跡される、ほんの短いシーンでした。

焚書のお話。
華氏451は、紙が燃える温度だそうです。
本を読むこと、所有することが禁止されている社会を描いた近未来SFです。
本を探し出し、人々の前で燃やす「ファイヤマン」が主人公。ファイヤマン(消防士)が本を燃やす仕事をしています。

「文字の裏には人間がいる。」
本の価値に目覚めた主人公が職を辞し、逃亡。読書をする人がひっそりと暮らすコミュニティに匿われます。

近未来の象徴のように双方向の壁掛けテレビが登場しますが、現在の大画面液晶テレビそのもの。
技術だけではなく、社会の状況も近づいているかもしれません。近未来SFというより、今や現代風刺映画。

さて、
2018july20 イワオーレチラシスキャンCCF20180712_00000

来週7月20日(金)
19:30(18:30開場)

フラメンコ集団イワオーレ&
アイヌグループ『ペウレ・ウタリ』
ジョイントライブ

イワオーレライブのタイトルは、
「マイケルTV~書を捨てよ テレビを見よう~」

本が禁止された社会をフラメンコで描きます。
(桝谷は、ナレーションと、一人を除いてすべての登場人物の台詞をしゃべります。)
「華氏451」のような世界。

本の持つ力を訴えます・
読む人の頭が動き出し、新たな世界への扉が開かれる。

作者の熱い思いを肌で感じてください!

場所 中目黒トライ
東京都目黒区上目黒3-6-5 中目ビル5F
東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒」駅下車、徒歩2分
「中目黒」駅下車、西口へ。
(中央改札を出ると左、南改札を出ると右。線路沿いに伸びるごちゃごちゃした狭い商店街の方。再開発したモダンな開けた広場と反対側。)
商店街に沿って左へ(山手通りを背にして)進みます。
ファミリーマートを過ぎすこし行った右手。(昨年秋に行った時は、「中目黒トライ」の幟が出ていました。)

3500円(ワンドリンク付き)

スポンサーサイト



イワオーレ | Trackback(0)
 | HOME | Next »