FC2ブログ

「父と暮せば」一人語り

2014年12月13日
CCF20141213_00000「父と暮せば」一人語り2015Jan 表面CCF20141213_00000「父と暮せば」一人語り2015Jan

「父と暮せば」一人語りのチラシが届きました。

昨年11月以来の上演です。
戦後70年となります新年の週末、お待ちしています。落ち着いた店内、開演までワイン、ジュースでおくつろぎ下さい。

「父と暮せば」(作 井上ひさし)一人語り
2015年1月31日(土)
開演 19:00(開場 18:30)
上演時間 1時間30分

場所 名曲喫茶ミニヨン(荻窪) 杉並区荻窪4-31-3マルイチビル2F 03-3398-1758

チケット 2000円(お飲物1杯付 ワイン又はジュース)

行き方 JR・東京メトロ丸ノ内線「荻窪」駅(中央線快速電車、土日祝も止まります。)下車、南口から徒歩3分。
東口改札(新宿方向)を出て、右手の階段を南口へ上がる。
(エスカレーター、エレベーターあります)。
南口仲通り商店街入る。(商店街入口にPIZZA NAPOLETANO CAFE、12月open。)最初の角、不動産屋すえひろを左折。
本屋(AYUMIBOOKS)、KALDIを過ぎ、セブンイレブンの前の十字路を信号渡る。
十字路に面した角の2階がミニヨン。一階は「食堂三番」。
左手の階段でお上がり下さい。エレベーターはありません。

受付 山﨑和香奈

予約・問合せ
①下記のURLから(「予約管理システム シバイエンジン」)からご予約頂けます。
  http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=38ad42f498
②per il mondo携帯 perilmondo084(オハヨー)@ezweb.ne.jp 080-5961-0511(公演当日は会場受付につながります。)
尚、予約WEBフォームの利用は公演当日1月31日(土)午前0:00に締め切らせて頂きます。公演当日は上記per il mondo携帯へ御連絡下さい。

協力:名曲喫茶 ミニヨン、(有)スターダス・21

作品について
 昭和二十三年(一九四八年)夏、広島市。市立図書館に勤める福吉美津江の家が舞台。家は、バラックに毛が生えた程度の簡易住宅。爆心地から東へ二キロ半程離れたこんもり盛り上がる比治山を越えた東側。
 美津江(二十三歳)は、あるとき、ふっと恋に落ちてしまう。自分に恋を禁じる美津江と、恋の成就を願う父竹造との対話が始まります。
 昭和二十年(一九四五年)八月六日八時十五分に閃光と共に焼きついた時間と、その後も刻み続ける時間。
 戦後七十年を迎え、改めて見つめます。

〈per il mondoは、桝谷裕が企画する公演です。〉

「父と暮せば」一人語り2015年1月 | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »