FC2ブログ

リーディング公演他

2014年08月22日
厳しい残暑が続きます。
西日本の集中豪雨。広島土砂災害に遭われた方が一人でも多く救出されることをお祈りします。

9月の公演をお知らせします。
併せて10月の公演二作品もお知らせします。こちらの二作品も予約承っています。
近くなりましたら改めて詳細お知らせします。

CCI20140813_00000「おたふく」山本周五郎リーディングポストカード2
9月6日(土)※一日のみ
リーディングライブ
“SHUGORO”(山本周五郎「妹の縁談」「湯治」より)
【原作】山本周五郎  【演出】岡田和子(俳協)
【場所】アコースティックライブホールTHEGLEE(神楽坂。駅は、飯田橋駅徒歩3分。)
03-5261-3123
http://theglee.jp/access
【日程】
9月6日(土)
①14:00~(開場13:00)
②19:00~(開場18:00)
★開演まで飲み物でおくつろぎください。今回料理の提供はない予定です。

【チケット】前売り3,500円/当日4,000円(1ドリンク込み)

【音楽】石山理
【写真】前田安澄(宣伝)
【主催】雅KIKAKU
【出演】北川ゆめ(RME)、斉藤和彦(マインズエンタテインメント)、松生綾美(劇団だるま座)、吉川雅子、桝谷裕
【御予約方法】
桝谷に直接御連絡ください。

〈作品について〉
今回初めて参加します。雅KIKAKUを主催されている吉川雅子さんは地域のFMラジオで企画から放送まで幅広く活躍されています。
山本周五郎作「おたふく」「妹の縁談」「湯治」。江戸下町でからりと明るく生きる二人姉妹おしずとおたかを描いた三部作から「妹の縁談」「湯治」を再構成して上演します。主宰の吉川雅子さんと演出の岡田和子さん渾身の上演台本です。役を割り振って上演します。登場人物は女性中心。台詞以外の地の文は男性陣の斉藤和彦さんと桝谷が読みます。
会場は音響がよく落ち着いた音楽ホールです。
「“THEGLEE”は、一言でいうならば『若き音楽家(ミュージシャン)へのバックアップ』がコンセプト。(中略)一方、著名な音楽家(ミュージシャン)に演奏(表現)しやすいミニホールとして活用頂くべく、ライブDVD制作なども対応の音響システム、演奏効果を高める映像システムも配備。アーティストに添ったオンリーワンのライブミュージックホールを目指します。(中略)東京の今昔が美しく織り交ざった神楽坂から、熱いハートの若者と魅力的な一流プロフェッショナルとのコラボレーションを、アコースティックなサウンドでお届けします。」(THEGLEEサイトより)
今回は石山理さんのピアノ演奏が、リーディングと絡み合い、THEGLEEの魅力を引き出します。
初秋の週末、神楽坂でゆったりお過ごしいただければ幸いです。


《予告 10月の公演二作品》

[Ⅰ]
10月4日(土)~13日(月・祝)
「NO MOON,NO SUN」
トリガーライン公演
【作・演出】 林田一高(文学座)
【場所】中野劇場MOMO
【日程】
10月
4日(土)19:00☆
5日(日)14:00☆/19:00☆
6日(月)19:30☆
7日(火)14:00☆
8日(水)19:30
9日(木)19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00/19:00
12日(日)14:00/19:00
13日(月・祝)14:00
開場は開演の30分前(受付開始は開演の1時間前)
上演時間2時間弱(予定)

【チケット】前売3,800円/当日4,200円、☆前半割 3,000円(☆のついた4日~7日の公演。)

【出演】和田武(ヴォーカル(株))、藍原直樹(プロダクション・タンク)、経塚よしひろ、ヨシケン(動物電気)、瀬川諒平(スターダス・21)、染谷歩、大迫健司、三上雄大((株)カレイドスコープ)、久津佳奈、西岡野人(文学座)、林田一高(文学座)、桝谷裕
【御予約方法】
①以下のURLの予約フォーム(CoRich)から自動的に「桝谷裕扱い」で予約できます。予約受付中です。
http://ticket.corich.jp/apply/58521/012/
②桝谷に直接御連絡ください。

ダイアナ元皇太子妃事故死事件を巡る群像劇です。
トリガーライン主宰で作、演出の林田一高さんは文学座座員。以前「ヴォイツエック/トラウマ」(2007年上演。演出:中野志朗)で御一緒しました。文学座では俳優として活躍する林田一高さん。現在青山劇場で上演中の「ガラスの仮面」に出演されています。
トリガーラインでは主宰、作、演出をなさり。今回が10作目になるそうです。エネルギーと知力と人を引っ張る力に頭が下がります。
場所は、6月の「困った綾とり」と同じ中野劇場MOMOです。今回は別の使い方をします。真ん中が舞台、両側が客席です。
ダイアナ妃の事故の日、鮮明に覚えています。


[Ⅱ]
CCI20140813_00001「ダム」チラシサイズ縮小

10月22日(水)~26日(日)
「ダム」
(第12回優秀新人戯曲賞受賞作。「優秀新人戯曲集2007」所収)
【作】嶽本あゆ美
【演出】藤井ごう
《文化庁芸術祭参加》
http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/01geijutsusai/pdf/26_sanka_1_1.pdf
【場所】池袋・シアターグリーンBig tree(池袋東口徒歩7分)
http://www.theater-green.com/map.html
【日程】
10月
22日(水)19:00(プレビュー公演)
23日(木)19:00(アフタートークあり)
24日(金)14:00(アフタートークあり)/19:00
25日(土)13:00/18:00(アフタートークあり)
26日(日)13:00
開場は開演の30分前

【チケット】前売4,300円/当日4,800円、学生前売3,000円/学生当日3,500円
(プレビュー公演 前売3,000円/当日3,500円《お得です!》)

【出演】西山水木、鴨川てんし(燐光群)、佐々木梅治(劇団民藝)、粟野史浩(文学座)、清田正浩、辻本健太(スターダス・21)、桝谷裕、他
【御予約方法】
①以下のURLの予約フォームから自動的に「桝谷裕扱い」で予約できます。受付中です。
http://ticket.corich.jp/apply/56485/008/
②桝谷に直接御連絡ください。

熊本のダム建設計画に翻弄される住民の葛藤。
昨年7月に出演した「太平洋食堂」と同じ、作:嶽本あゆ美 演出:藤井ごうのコンビです。出演者は、いつも客席から拝見している、御一緒するのが恐縮する実力者ばかり。粟野史浩さんと演出の藤井ごうさんは文学座の一期先輩です。私の出演は1シーン、シンポジウム(住民討論集会)に出席する国土交通省の役人役です。

いずれの公演も御来場お待ちしています。
スポンサーサイト



日記 | Trackback(0)
 | HOME | Next »