FC2ブログ

「思い出のブライトンビーチ」

2011年04月30日
「思い出のブライトンビーチ」文学座公演

連休初日の昨日29日(金)19:00から
新宿のスペースゼロで観てきました。

作:ニール・サイモン
訳:鳴海四郎
演出:望月純吉
出演:大滝寛、細貝光司、宮内克也、金沢映子、八十川真由野、渋谷はるか、福田絵里

おもしろかった。
みんなすごいなぁ、っと
ただただ感心。

あれだけのテンポと勢い、とっても自由にのびのびとやっていながら
いろんなことを正確にやっている。そこが全く揺るがず、なおかつ自由、のびのび、いきいき。

ユダヤ人が背負う問題を前面に押し出すことなく、単なる生活苦以上に、この人たちの底流に逃れられない宿命のあることが、影のように見えてくる。
そしてこの物語の後に突入する戦争でユダヤ人がどのような目に遭うかを想像せずにはいられない。

望月さんの演出、そして出演者、みなさんすごい。
なんだかしゅんとしてしまいました。

出演者に挨拶にも伺わず家路についてしまいました。
反省。

近々どこかでお会いする機会がありますように。それぞれ遅蒔きながらご挨拶したいです。

5500円(5/2夜は4500円)
休憩含めて2時間15分。
スポンサーサイト



日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »