FC2ブログ

御礼

2015年11月29日
「父と暮せば」一人語り 終わりました。
多くの方の御来場誠にありがとうございます。
当日駆けつけて下さった方もたくさんいらっしゃいました。
看板を見て立ち寄って下さった通りがかりの方もいらっしゃいました。
作品の力を改めて感じた一日でした。
私はまだまだ至らなさを痛感。

お客様、HEART-MEN STUDIOの皆様、受付の山崎さん、見守って下さった全ての皆様に感謝します。

次の舞台で応えられるように頑張ります。
スポンサーサイト



「父と暮せば」一人語り2015.11月 | Trackback(0)

明日、「父と暮せば」一人語り

2015年11月27日
「父と暮せば」一人語り
明日です。
「父と暮せば」一人語り2015Novチラシ表
「父と暮せば」一人語り2015Novチラシ裏

予約WEBフォーム(シバイエンジン)の利用は、本日24時(当日午前0時)までです。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=cae575ad81
当日はper il mondo携帯に御連絡ください。
perilmondo084@ezweb.ne.jp 080-5961-0511
直接、会場へお越し頂いても大丈夫です…。

「父と暮せば」(作井上ひさし)
一人語り

【日時】
11月28日(土)
15:00/19:00(2回)

開場は開演の30分前
上演予定時間1時間30分

【場所】
HEART-MEN STUDIO
(四谷四丁目交差点)
Yotsuya Entrance Nøah B1
新宿区四谷4-9
※48席

〈行き方〉
⚫東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」下車、新宿通りを新宿方向へ徒歩3分。
⚫東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」下車、新宿通りを四谷方向へ徒歩3分。
⚫JR他「新宿駅」より新宿通りを徒歩15分。

「四谷四丁目」交差点。新宿通りを挟みモスバーガーの向かい側。角のビルの地下。

【チケット】
1500円+1drink600円
(受付にて)drinkはペットボトルです。

【受付】山﨑和香奈

【御予約】
(1) 予約WEBフォーム(「予約管理システム シバイエンジン」)
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=cae575ad81

※尚、上記URL予約WEBフォームは公演当日11月28日(土)午前0:00にご利用を締め切らせて頂きます。
公演当日は、下記per il mondo携帯へ御連絡下さい。

(2)per il mondo携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511
(公演当日は会場受付につながります)

【当日連絡先】per il mondo携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511

〈作品について〉
昭和二十三年(一九四八年)夏、広島市。市立図書館に勤める福吉美津江、二十三歳。住まいは、爆心地から東へ二キロ程、比治山の東側、バラックに毛が生えた程度の簡易住宅。
七月のある日、一人の青年が原爆資料を探して図書館を訪れ、美津江はふっと恋に落ちてしまいます。
自分に恋を禁じる美津江と、美津江の恋に声援をおくる父竹造との対話が始まります。
戦後三年の広島で交わされる父と娘の対話。原爆投下から三年。重くおおいかぶさる原爆の体験と一人の女性として生きることの葛藤。
戦後七十年。一月にも上演しました。そのときから思った以上の変化があった一年であったと、改めて振り返り気付きます。

自分の忘れやすさ。

今一度、客席の皆様と七十年前に目を向けることができればと願っています。

井上ひさし氏は、長崎を舞台にした戯曲の執筆も願っていました。氏の遺志を引き継ぐ形で製作された映画「母と暮せば」(山田洋次監督)が十二月に公開予定です。(私は出演していませんが。)

会場の“HEART-MEN STUDIO”は、今年オープンした四谷四丁目の小さなライブハウスです。初めての会場です。
ステージが一段高いので後ろの席のお客様もよく見えそうです。

《今後の予定》
⚪2016年2月(日程未定)
「岸田國士を読む」(劇作家岸田國士×作曲家林光)
[場所]南青山マンダラ
ぐるっぽちょいす
[演出]青柳敦子

⚪2016年3月16日(水)~20日(日)
「夏の夜の夢」(作W・シェイクスピア,訳小田島雄志)
[場所]SPACE雑遊(新宿)
チョコレートカンパニー改めディ・ショコラーデ
[演出]林英樹

⚪2016年11月23日(水・祝)~27日(日)
「私のかわいそうなマラート」(作A・アルブーゾフ,訳泉三太郎)
「父と暮せば」一人語り2015.11月 | Trackback(0)

「父と暮せば」一人語り

2015年11月11日
「父と暮せば」一人語り2015Novチラシ表
「父と暮せば」一人語り2015Novチラシ裏

今月末に、「父と暮せば」一人語りを上演します。
(更紙のチラシにしました。)
一人でも多くのお越しをお待ちしております。

「父と暮せば」(作井上ひさし)
一人語り

【日時】
11月28日(土)
15:00/19:00(2回)

開場は開演の30分前
上演予定時間1時間30分

【場所】
HEART-MEN STUDIO
(四谷四丁目交差点)
Yotsuya Entrance Nøah B1
新宿区四谷4-9
※40~50席

〈行き方〉
⚫東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」下車、新宿通りを新宿方向へ徒歩3分。
⚫東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」下車、新宿通りを四谷方向へ徒歩3分。
⚫JR他「新宿駅」より新宿通りを徒歩15分。

「四谷四丁目」交差点。新宿通りを挟みモスバーガーの向かい側。角のビルの地下。

【チケット】
1500円+1drink600円
(受付にて)

【受付】山﨑和香奈

【御予約】
(1) 予約WEBフォーム(「予約管理システム シバイエンジン」)
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=cae575ad81

※尚、上記URL予約WEBフォームは公演当日11月28日(土)午前0:00にご利用を締め切らせて頂きます。
公演当日は、下記per il mondo携帯へ御連絡下さい。

(2)per il mondo携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511
(公演当日は会場受付につながります)

【当日連絡先】per il mondo携帯
perilmondo084@ezweb.ne.jp
080-5961-0511

〈作品について〉
昭和二十三年(一九四八年)夏、広島市。市立図書館に勤める福吉美津江、二十三歳。住まいは、爆心地から東へ二キロ程、比治山の東側、バラックに毛が生えた程度の簡易住宅。
七月のある日、一人の青年が原爆資料を探して図書館を訪れ、美津江はふっと恋に落ちてしまいます。
自分に恋を禁じる美津江と、美津江の恋に声援をおくる父竹造との対話が始まります。
戦後三年の広島で交わされる父と娘の対話。原爆投下から三年。重くおおいかぶさる原爆の体験と一人の女性として生きることの葛藤。
戦後七十年。一月にも上演しました。そのときから思った以上の変化があった一年であったと、改めて振り返り気付きます。

自分の忘れやすさ。

今一度、客席の皆様と七十年前に目を向けることができればと願っています。

井上ひさし氏は、長崎を舞台にした戯曲の執筆も願っていました。氏の遺志を引き継ぐ形で製作された映画「母と暮せば」(山田洋次監督)が十二月に公開予定です。(私は出演していませんが。)

会場の“HEART-MEN STUDIO”は、今年オープンした四谷四丁目の小さなライブハウスです。初めての会場です。
ステージが一段高いので後ろの席のお客様もよく見えそうです。

《今後の予定》
⚪2016年2月(日程未定)
「岸田國士を読む」(劇作家岸田國士×作曲家林光)
[場所]南青山マンダラ
ぐるっぽちょいす
[演出]青柳敦子

⚪2016年3月17日(水)~21日(日)(予定)
「夏の夜の夢」(作W・シェイクスピア,訳小田島雄志)
[場所]SPACE雑遊(新宿)
チョコレートカンパニー改めディ・ショコラーデ
[演出]林英樹

⚪2016年~2017年の、いつか(日程調整中)
「私のかわいそうなマラート」(作A・アルブーゾフ,訳泉三太郎)
「父と暮せば」一人語り2015.11月 | Trackback(0)

「父と暮せば」一人語り

2015年09月07日
かねてより今年二度目の上演を希望していました「父と暮せば」一人語りですが、
場所と日にちが決まりました。

【日にち】11月28日(土)(2回公演。時間未定)
【場 所】Theater NOAH HEART-MEN STUDIO (四谷四丁目交差点に面した角の建物B1)

詳細決まり次第、ご報告します。

上演申請もこれからですが、
「父と暮せば」一人語り公演に向けて動き出しました。
何卒よろしくお願いいたします。
「父と暮せば」一人語り2015.11月 | Trackback(0)
 | HOME |