FC2ブログ

小林多喜二 生誕115年 没後85年記念

2018年08月17日
2018sep13小林多喜二生誕115年没後85年チラシCCF20180817_00000
小林 多喜二
生誕115年 没後85年記念
講演と朗読のつどい

9月13日(木)
14:00開演(13:30開場)

講演
香山リカ いま多喜二から学ぶこと-若者の生きづらさと社会
(精神科医・立教大学教授 札幌生まれ、小樽育ち)

小林多喜二作品朗読
清水ひろみ 「母妹の途」
桝谷  裕 「不在地主」から

場所
埼玉会館小ホール
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4
JR浦和駅西口徒歩6分
http://www.saf.or.jp/saitama/access/

チケット
前売り 1,000円(当日1,200円)

主催
日本国民救援会浦和支部・大宮支部・与野支部・岩槻支部
治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟埼玉県本部
後援
日本国民救援会埼玉県本部

(日本国民救援会創立90周年記念)

朗読で出演します。10分ほどですが、多喜二の小説の一部を抜粋で読みます。
「太平洋食堂」で御一緒した、清水ひろみさんにお誘いいただきました。

本棚の「蟹工船」を開くと、読み終えたことを示す30年前の日付がメモされていました。
そのときは、「昔の日本は大変だったのだな」という感想だったように思います。
今回、多喜二の作品に改めて触れると、どこかすんなり入ってきます。現在は皆、スマホがあり、エアコンのきいた部屋もあり、肥やしにまみれて農作業をするわけでもありませんが、社会を覆う構図は相似形のように思えます。最近、お会いする方お一人お一人の話をうががっていると耳を疑うような労働条件が当たり前になっていると感じます。その状態に、社会も、企業も、働く人自身さえも慣れっこにならされているのではないか。静かに背筋が寒くなります。
自分が生きている今の社会を立ち止まって見つめ直す機会になればと思っています。

香山リカさんは、小林多喜二と同じ小樽育ち。憲法9条をはじめ、政治状況について積極的に発言されています。今回どのようなお話が伺えるか楽しみです。

ひろく一般の方もお入りいただけるそうです。
スポンサーサイト
「小林多喜二生誕115年没後85年記念」 | Trackback(0)

華氏451

2018年07月12日
「華氏451」(DVD)を観ました。
小学生か中学生の頃、昼間の映画(多分東京12チャンネル)で観た記憶があります。なぜか忘れられない映画の一つでした。

改めて観ると、人間が森の上空を飛んでくる印象に残っていた場面は、映画の本当に最後の方、主人公が当局に追跡される、ほんの短いシーンでした。

焚書のお話。
華氏451は、紙が燃える温度だそうです。
本を読むこと、所有することが禁止されている社会を描いた近未来SFです。
本を探し出し、人々の前で燃やす「ファイヤマン」が主人公。ファイヤマン(消防士)が本を燃やす仕事をしています。

「文字の裏には人間がいる。」
本の価値に目覚めた主人公が職を辞し、逃亡。読書をする人がひっそりと暮らすコミュニティに匿われます。

近未来の象徴のように双方向の壁掛けテレビが登場しますが、現在の大画面液晶テレビそのもの。
技術だけではなく、社会の状況も近づいているかもしれません。近未来SFというより、今や現代風刺映画。

さて、
2018july20 イワオーレチラシスキャンCCF20180712_00000

来週7月20日(金)
19:30(18:30開場)

フラメンコ集団イワオーレ&
アイヌグループ『ペウレ・ウタリ』
ジョイントライブ

イワオーレライブのタイトルは、
「マイケルTV~書を捨てよ テレビを見よう~」

本が禁止された社会をフラメンコで描きます。
(桝谷は、ナレーションと、一人を除いてすべての登場人物の台詞をしゃべります。)
「華氏451」のような世界。

本の持つ力を訴えます・
読む人の頭が動き出し、新たな世界への扉が開かれる。

作者の熱い思いを肌で感じてください!

場所 中目黒トライ
東京都目黒区上目黒3-6-5 中目ビル5F
東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒」駅下車、徒歩2分
「中目黒」駅下車、西口へ。
(中央改札を出ると左、南改札を出ると右。線路沿いに伸びるごちゃごちゃした狭い商店街の方。再開発したモダンな開けた広場と反対側。)
商店街に沿って左へ(山手通りを背にして)進みます。
ファミリーマートを過ぎすこし行った右手。(昨年秋に行った時は、「中目黒トライ」の幟が出ていました。)

3500円(ワンドリンク付き)

イワオーレ | Trackback(0)

アムネスティのセミナー

2018年07月06日
かねてより参加を予定していた
アムネスティ・インターナショナルの入門セミナー
「死刑廃止について考える」へ行きました。

ところが、会場は明かりが消えていて無人、
日にちを間違えたかと帰ろうとしたところ、もう一人いらしたので、そのまま待ちました。
ですが、10分前になっても誰もスタッフが来ないので、携帯で検索したところ、
「本日のセミナーは中止します」の案内が出ていました。
昼過ぎに見た時には、気づきませんでした。

今日の出来事が関係しているのかどうか。
このテーマを取り巻く環境の難しさと厳しさを考えないではいられませんでした。
日記 | Trackback(0)

猛暑RUN

2018年07月01日
東京31℃だそうです。
昼前にランニングを1時間。ちょっとタイムが短くなりました。
日曜で道が空いていたからか、昨夜よく寝たからか。
珍しくバナナが食べたくなりました。体が欲しているのでしょうか。

それにしても、
2020年のマラソンはもっと暑い時期。暑さの我慢くらべ。何の競争かわからなくなりそう。
選手はもちろん、役員、ボランティア、観客の健康が心配。
たくさん倒れるのは避けられない。
全コースとその周辺を仮設屋根で覆ってあげたい。
日記 | Trackback(0)

梅雨明けRun

2018年06月29日
2018june29梅雨明け跨線橋1620KIMG0143
梅雨明け!
run

日差しもさることながら、強風が堪えました。
扇風機を強風にして1時間当たっているようなもので、だるい。
といって長袖にすれば熱がこもります。
真夏の強風、これはくせもの。
日記 | Trackback(0)
 | HOME | Next »